« 元気のヒント収録中 | トップページ | 恋愛バイブル »

2007年2月20日 (火)

子どもの権利を買わないで

17日に横浜開港記念会館で行われた「子どもの未来を買わないで」イベント

人身売買や、アジアの女性と子どもの権利に取り組む団体の発表と朗読劇&トークセッション

その昔、日本でも人身売買は行われてきています。

戦後の復興、なんといっても教育環境が整ったことで、今では殆ど聞かれなくなりました。

一方、未だにアジアでは今も子どもが売買され性的搾取にあうということが後を絶たない。


なぜか。

いわれなくても分かるよね。

いいたくないし、見つめたくない現実かも知れないね。

でも、私は女性だから加害者側じゃないわ。・・・なんていっている場合じゃないわね。

身体的にも精神的にも深い傷を負い、気がついたときにはHIV感染をしていた。

今はもうなくなってしまったそうですが、そんなアジアの1女性との出会いから、パネリスト1人の大久保さんはこの問題に取り組むことを決心されたそうです。

時々この場でもしてるけど、地雷や内紛、子ども兵の話もそう。

知識として知っていることを、自分のこととしてとらえることができたときに初めて、サポートの一歩が出るのではないかなぁ・・・

1人の意識はとても小さなことだけれど、

でも1人1人が大切なことを自覚していたら、こんなひどいことは起きるはずがないって思うのだけど。。

どうかな?


「あなたの子どもにしてもらいたくないことを、海外の子どもにもしないでください。」


その訴えかけが、成田空港でポスター掲示としても見ることができるでしょう。

豊かな日本に生まれて、こうしてPCに向かうことのできる私たち。

本当に幸せなことだと思います。

そして今、私たちに何ができるだろうか。

一人一人の権利と平和を願う気持ちをどう形にすればいいの?

まずはシンプルに、伝えること、ではないかなって私は思います。


あなたはどう思いますか?

A320f9bd_640


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このときの様子は動画にてUPしますね。

主催: てのひら~人身売買に立ち向かう会  百瀬圭吾さん
ファシリテート:子どもの権利活動家  森田明彦さん

アジアの女性と子どもネットワーク・国連ハビタット親善大使 マリ・クリスティーヌさん

朝日新聞鹿児島総局次長 大久保真紀さん 子どもの権利を買わないで

ポラリスプロジェクト  藤原志帆子さん



|

« 元気のヒント収録中 | トップページ | 恋愛バイブル »